住宅が負債になる?

こんにちは。

住宅コンシェルジュの小岩です。


内閣府が発表している住宅の資産額の表をご存じでしょうか?

2011年で住宅額の累計額とストック額(資産)の差が500兆円もの差になってます。

株式投資で考えると絶対失敗する銘柄ということです。

この額は、個人に直すと住宅ローンを持っている40歳のご主人が

住宅を購入することによって2,000万円損したという試算になります。


建設会社のほとんどが住宅を「資産」と考えておらず

「消費」するものという考え方を続けています。

そもそも「住宅=資産」だから消費税でなく、「固定資産税」なんですけどね・・・


なぜ、住宅を購入すると損するのでしょうか?

どうしたら損しない住宅になるのでしょうか?

35年の住宅ローンを払い終えたときに「笑顔」でいる方法は?

など...

私は、住宅業界専門のFPとして住宅を購入する前に、

「損しない家づくり」についてお話をできたら

皆さんの「家づくり」に少しだけ貢献させて頂きたいです!!


よろしければ7/15(月・祝)に弊社の羽島officeで行う

「後悔しないための賢い家作り勉強会」へ是非ご参加ください。

もちろん参加無料となっております。

ご参加いただいた方には参加特典もございます。


POP.jpg


●日時:2019年7月15日(月/祝日)
     ・・・13:00~15:00(受付12:30~)
●場所:岐阜工務店㈱ 羽島office
     ・・・岐阜県羽島市江吉良町江西3丁目26番地
●予約について:要予約 ※先着5組様限定
●予約締切:参加したい日の前日まで(7月14日)
●参加費:無料
●託児:有り
●参加特典:有り

▼ご予約・お問い合わせはこちら

058-322-3400

PageTop