ムダづかいをなくすための「ルール」を設定

住宅にも燃費のいい家と悪い家があります。
住宅の燃費とは「冷暖房費などのランニングコスト」です。住宅費用は「住宅ローンなどの購入費用」と「冷暖房費などのランニングコスト」を合わせたものです。

ムダづかいをなくすための「ルール」を設定

オートクチュールの"もったいない"をなくすとどうなる?

一般的なフルオーダーの注文住宅では、必要な建材が多様になることが多く、寸法も様々で、目に見えないところで無駄なコストがかかってきます。

実は注文住宅のコストを上げているのは材料のムダづかいや購入の手間、職人さんの手間賃、長引く工期などです。でも初めて家を建てる人に、コストのかかるところ・かからないところを判断するのは難しいことです。

R+houseはこの目に見えない無駄なコストを極力少なくするための「ルール」を作ることで、クオリティは高いままコストを抑えた注文住宅づくりを可能にしました。

例1 例2

単に、質を落として安くした住宅なら世間にあふれています。でも、それでは意味がないのです。注文住宅というからには、個性も必要ですし、クオリティの高さは重要です。

完全にゼロから自由に作る「オートクチュール」ではなく、自由にできる"幅"を大きく残しながら"もったいない"をなくすルールの中でつくる「セミオーダー」。それがR+houseのコンセプトなのです。

R+houseの価格=スタンダード+オプションR+houseは標準仕様で長期優良住宅の基準をクリアする性能を持っています。
省エネルギーで耐久性も耐震性も高い住宅が標準仕様で実現できます。

Webによるメーカー直発注システムでコストダウンWebによるメーカー直発注システムでコストダウンR+houseではWebによるメーカー直発注システムを採用することで、間に入る業者(問屋、商社)をなくし、コストダウンに成功しました。

部材先払いシステムでコストダウン部材先払いシステムでコストダウン通常、建材などの部材には、住宅会社の倒産リスクや中間業者のサービス価格が一定の割合で含まれています。

R+houseは、メーカー直発注システムによる中間業者のサービス費用カットに加え、部材先払いシステムにより住宅会社の倒産リスクの費用もカット、高品質のものを価格を押さえて仕入れる工夫をしています。

あとで変えられないところからコストをかけていくR+houseは標準仕様で長期優良住宅の基準をクリアする性能を持っています。
省エネルギーで耐久性も耐震性も高い住宅が標準仕様で実現できます。

31.56坪の家だと

R+houseの標準仕様はデザイン・性能・コストを両立するために、寸法・仕様・外観・設備それぞれに「ルール」を設定しています。 断熱材やサッシなど性能に関わる部分、床材など後から変えるのが難しい部分からしっかりと固めた仕様なのです。
この標準仕様で建てた場合の価格がR+houseのスタンダードプライスです。

R+houseは標準仕様の中でも幅広い家づくりを実現可能ですが、標準仕様を超えた仕様にしていくことも可能です。ご予算に応じて必要な部分をオプションで足していく自分だけのマイホームをデザインすることができるのがR+houseの家づくりです。ご予算に合わせてこだわりのオプションを追加して、家族の理想の家をアトリエ建築家と創っていきましょう。

M様邸 S様邸 H様邸 S様邸

お気軽にお問合せください

058-322-3400