R+houseのアトリエ建築家って、どんな人?

アトリエ建築家

R+houseのアトリエ建築家は、お客様との会話の中から、ご家族の望む暮らし方や好みの住空間を形にしていく、住宅専門の設計士のことです。

世の中の住宅会社には、建築士の免許を持たない素人同然の営業マンがプランニングをする会社もありますが、私たちは、そんなことを決してしません。だって、"世界にたった一つのあなたらしい住まい"をプランニングするのが、素人だとしたら、悲しくないですか?
 
ですから、R+houseでは、施工性や法規制の検証だけでなく規模や現場の納まりを考えたコストコントロールから空間・時間のデザインまで考えることができる、住まいの専門家であるアトリエ建築家がプランニングさせていただくのです。

デザイン性が高い理由
デザイン性が高い理由 R+houseには、ムダづかいをなくすための「ルール」があります。※R+houseのルール
そのルールに従って、ムダを省いた、性能の高いデザイン住宅、というのがR+houseです。
R+houseの建築家たちは「ルール」を熟知しており、その上で極めて素晴らしいデザインをつくることができる人たちです。
建築家+α≒アトリエ建築家
建築家+α≒アトリエ建築家 日本には国家資格として「一級建築士」「二級建築士」といった資格があります。
「建築士」というのは、法規制や施工を考えて建物を計画、設計するために必要な資格です。
「R+houseのアトリエ建築家」は建築士という資格をもちろん持った上で、それに加えて暮らし方の提案や住みごこち、デザイン性の追求といった面に特長があると言えるでしょう。

アトリエ建築家の想いアトリエ建築家の想い「建てるプロ」と「住まいをつくるプロ」は違います。

限られた予算の中で、どれだけお客様の家族構成や現在のライフスタイルを叶えていくか、あるいは将来を見据えた設計をするか、それらを全て叶えつつ、どうやって予算の範囲できれいにおさめていくのか。そういうことをするのが、住まいを作るプロなのです。

「住宅づくりが好きな人」=「人の生活をつくることが好きな人」にR+houseの建築家になってもらっているのです。ただ「かっこいいものが作りたいから建築家をやっている」というだけの人はいません。

Koji Kiuchi木内 浩司
words worth craft

木内 浩司住宅設計で大切なことは2つあります。1つは土地(環境・風土・方位)が持つ特性に寄り添い、最適なアイデアを導くこと。2つめは対話により住まう人の想いを読み取ること。家族の距離感と笑顔の姿を想像し、街並みや環境にそっと溶け込む住宅建築を目指しています。

1976年 香川県生まれ
2000年 東和大学工学部建築工学科 卒業
2000年 田所建築事務所(福岡県) 入社
2004年 櫂建築事務所(神奈川県) 入社
2007年 空間設計研究所(東京都) 入社
2010年 words worth craft一級建築士事務所 設立

Takeo Koga古賀 健朗
株式会社楓工房

古賀 健朗近い将来、巨大地震の発生が懸念される我が国で、お客さまにより安心で安全を感じてもらえるような住宅を提供することが、最重要課題です。合理性と耐震性の高い当社の構造計算により、日本の木造住宅の基準を変えることができることを信じています。お客さまの30年後の生活を見据えた住宅づくりを、構造の立場からサポートし続けていきます。

1977年 愛知県生まれ
2002年 広島工業大学工学部建築工学科 卒業
2002年 春日構造設計 所属 2009年YS 所属
2013年 楓工房一級建築士事務所設立 (2014年 楓工房として法人化)

Kazunari Tabuchi田淵 一成
株式会社FANFARE

田淵 一成幸せな住まいとは「住まい方×家」で表すことができます。住まい方によって、ささいなことが楽しいものに変わり、家の構成によって大きく日常が変化していく。そして、この2つが掛け算のようにうまくかけ合わさることで、家族の暮らしは大きく豊かになります。それぞれの住まう人に合った、最高の家を一緒に手づくりしていきましょう。

1978年 鹿児島県生まれ
2001年 九州職業能力開発大学校建築施工システム技術科 卒業
2001年 洋建築計画事務所 入社
2012年 FANFARE 入社

建築家の紹介へ

お気軽にお問合せください

058-322-3400